名古屋大須の湘南シャイズヨガスタジオのブログ!

名古屋市中区上前津1-12-28 1F
TEL 052-253-5515
http://shounan-shyz.com
ハタヨガ アロマヨガ マタニティヨガ   ベビーヨガ 子連れヨガ パワーヨガ ヨガラティス キッズヨガ シニアヨガ
1回千円 入会金0円 月会費0円 レンタルマット300円
ご予約は tel 052-253-5515
mail info@shounan-shyz.com
<< 体がやわらかい? | TOP | 八百屋を始めました >>
「絆」について。
「絆」について。

おはようございます。
土曜日の14時〜「体が硬い人のためのヨガ」担当の高岡です。

先週の日曜日(5/25)に湘南シャイズチームにて、
春日井市の「絆マラソン」に参加してまいりました。

※「絆マラソン」とは、
東日本大震災復興に向けて、たすきを回してリレーするという
チャリティーマラソンです。

「絆マラソン」を走るにあたって
「絆」について、考える1ヶ月になりました。

「絆」「きずな」「KIZUNA」。。。。よくお目にかかり、よく聞く言葉。
なんだか「言葉にするものではない」ような気がして、ずっと敬遠してました。

うーん。。。。
家族、友人、仲間、大切なもの、大切な事との繋がり。。。

「ご縁」があり、めぐりあった人同士を「点」として
それを結ぶ「線」であり、結束している「ジョイント」のようなもの。

信頼し合う、助け合う、感謝し合う、愛し合う間柄。。。などなど
考えていると、沢山ありすぎて、どれも答えで、正解なのだと思います。
一人ひとり答えは、違うと思います。

(もともとは「絆」は
束縛する、離れないように繋ぎとめておくというような意味があるようです。)


そして、見つけた答えは
「絆」とは、
「丈夫」「大丈夫」な関係なんだということ。

大人になり、仕事をしたり、社会で生きていくと、
礼儀正しく、間違えないように、迷惑かけないように、
気を遣ったり、気を張ったり、遠慮したり、まわりを気にすることが多いです。

自分の言いたい事、したい事、ありのままを出せないこともあります。
わがまま言えないときがあります。困っている、辛いと言えない事もあります。

そんな時も、どんな時も、
言いたい事をいっても、時にわがままを言っても、
失敗をしても、マイナスな言葉を言っても、ありのままをさらけ出しても
話し合ったり、譲り合ったり、認めあったりして、そして、何も変わらない関係。


喧嘩をしても、時には距離ができても、それでもまた連絡できて、
そしてまた、言いたい事が言える。そしてまたさらに、深まる関係。

嫌な事も、辛い事、困っている事も、不安に思う事も、
他愛のない、なにげない、くだらない、つまらない事も
なーんにも気にせず、素直に言える関係。

そこには、間違いなく「信頼=愛」があります。

「絆」とは、
何があっても「丈夫で、大丈夫」で、
「信頼=愛」があることなんだなーーと思いました。


それと、もう1つ
「うれしいことは、2人分、かなしいことは、半分♪」という唄のように

一緒にいるとき、なにかをするとき、
よろこび、楽しみ、幸せなきもちは、ますます増えて何倍にもなって
悲しみや、辛いことは、半分、そのまた半分と、とっても小さくなっていきます。

「絆マラソン」でも、その通りで
達成したことのよろこびは、みんな分になり、
走っている時のしんどさ(実は、けっこう辛い。。。!)は、
チームメンバーの笑顔と応援で、ふきとびました☆

一緒に走るというメンバーがいたからこそ、
練習をしたり、走ることができました。ありがとうございました!!


「絆について」を、意識することで

家族や友人、仲間についての、気持ちが変わりました。
家族の存在、友人の存在、仲間の存在のありがたさを、
こんな機会やご縁のありがたさを、改めて感じる1ヶ月になりました。

甘えるばかりではなく、頼る時は頼り、
感謝の気持ちを、お返ししたり、次へ繋げることができるように!と思います。

こう、意識することって、すごい☆
「ヨガ」も「自分」を意識する事、
自分の体と対話したり、楽しむ事、喜ばせようとする事を

意識しながら「ヨガ」することで
変わる事、気づく事、見つかる事はさらに増える気がしました。

さぁ今日も、いいお天気!!
楽しく「ヨガ」をしよーっと♪

とーっても長くなりましたが、
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

PS。
「絆」=「しんらいする」でできている
という画像を送ってくださった高田さん、ありがとうございます!!
| yoga | 10:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック